ウォーターサーバーに求められる水とは

今は水に対して品質や安全性を求める声が非常に高まっており、それに応じてウォーターサーバーの需要も年々高まっています。ウォーターサーバー市場では様々な会社がしのぎを削っており、各社共に魅力的なサービスや高品質な水が取り揃えられています。これだけ魅力的なウォーターサーバーが多いと、果たして一体どこの水を選んでいいのか迷ってしまいます。ウォーターサーバー人気ランキングが載っているサイトなどを参考に選ぶのもいいかもしれませが、比較ポイントには気をつけましょう。


水の選ぶべきポイントとは

ウォーターサーバーに求めるものといったらやはり水の品質と味だと思いますが、それを判断するために各社が行なっている水質検査結果を見ると良いでしょう。特に放射性物質の検査などにはどの会社も大変力を入れており、信頼性と安全性の高い水が増えています。こういった検査結果や水の製造過程を選ぶ目安にするのも良いでしょう。


赤ちゃんやペットにも飲ませられる水とは

水の質だけではなく、水の成分にもこだわりましょう。いくら水質が良くても赤ちゃんや犬猫が飲めない水を大量に頼むよりも、家族みんなが飲める水の方がコストパフォーマンスも高くなります。ですから、ウォーターサーバーを選ぶ時には赤ちゃんや犬猫の体に負担にならない様に、ミネラルの量が調整されている軟水を選ぶ様にしましょう。

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment

水宅配はランキングを参考に

現在、大人気の水宅配を利用したいと思ったら、まずは、ランキングサイトを見てみましょう。いろいろな情報が満載です。それぞれの業者のサービス内容を細かく分析してあるので、それぞれの水宅配業者のサイトを見る前にランキングサイトを見るくらいのほうが良いでしょう。

そもそもどうやって業者を選べばいいのかもわからないって思いませんか。どれも同じというわけではありませんので、細かく水宅配のサービス内容を調べて行くことが重要です。

天然水しかないと思うかもしれませんが、そうではありません。ろ過した水を届けてくれる業者もあります。どこの水か、ろ過してある水かという選び方もできます。赤ちゃんがいるのなら、優しい水であるかどうかも含めて選びましょう。

また、コストパフォーマンスでランキングをしていることもあります。総合的に見て水宅配のランキングを付けていることが多いでしょう。細かく調べて行くと、それぞれの特色が見えてきます。各業者の特色と、自分の家のニーズを照らし合わせていけば、自分たちが必要としている水宅配業者が見つかるはずです。また、ランキングサイトは選び方についてのアドバイスもしていますので、そこまでチェックしましょう。下記におすすめのホームページを載せておきました!

【おすすめサイト】
水宅配ナビ⇒⇒⇒ウォーターサーバー・水宅配サービスに関する情報が盛りだくさん!

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment

安全性の高いウォーターサーバー

厳しい管理の下で処理されたウォーターサーバーの水は、厳格な水質検査を経て安全性が確認されています。東京都において平成25年度に実施した、ウォーターサーバーに関する消費者の目線で実施した調査によると、一部の商品ではカビの発生やサーバーが転倒した、子供が熱湯で怪我をしたなどが報告されています。検査対象は地下水を充填した水、ミネラル成分を調整したろ過水の2種類になっており、一部の水に限定されていました。構造的にはウォーターボトルをウォーターサーバーの上部に乗せるものと、下部に設置するものの2タイプで調査したものです。幼い子供のトラブル防止にチャイルドロックがあり、安全との意見が多く、注意していれば事故は防げる内容です。転倒防止については、ウォーターサーバーも他の家具と同じで、転倒防止策は必要です。一番大きな課題は水質ですが、基本的には安心できるレベルにあり、配送・サーバーにセッティングをガイドライン通りに実施されていれば問題はないと言えます。


<取り扱時の衛生環境に注意>

注意したいのが、サーバー水利用時に、汚れたてでコックやレバー操作をしない事です。また、ウォーターボトル交換時にも衛生的な環境で実施する事が、外来汚染防止には必要です。幼児のミルクに使用する水については、安全のため熱湯を冷まして利用する事がお勧めです。幼児や高齢者の人は、身体の抵抗力が低いので、熱殺菌された状態で利用するのが安全です。しかし、基本的にはウォーターサーバーの水は、安心して飲めるレベルにあり健康的な飲料と言えます。

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment

高機能なウォーターサーバー

ウォーターサーバーと言えばもっともシンプルな水を出すだけの製品を想像される方もおられるかも知れません。確かに、もっとも多く普及しているのはシンプルな製品です。家庭向けは多機能、高性能化が進んでおり、さまざまな機能を備えたウォーターサーバーが販売されています。


<最新の省エネ性能>

ウォーターサーバーで気になるポイントのひとつは省エネです。つけっぱなしになってしまうウォーターサーバーでは省エネ性能は重要な要素のひとつ。最新の製品は電子制御で温水と冷水の消費電力を抑えるので環境にもお財布にも優しくなっています。熱いお湯は使う時にだけ沸かしたり、誰も使わない時間帯はお湯の温度を下げて節電するという機能もあります。


<清潔の進歩しています>

サーバーの重要なポイントである清潔面でも進化しています。UV除菌ランプを搭載し除菌機能を備えていたり、タンクから水を出すときに送る空気を抗菌加工されたエアフィルターを通すといった工夫により今まで以上に清潔なものになっています。また、本体を抗菌素材にすることにより雑菌の繁殖を抑え、日々の手入れだけでなく数年に一度の工場での分解洗浄といった体制が安全性をより高めています。

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment

ウォーターサーバーは環境に優しい?

ある業者のウォーターサーバーは、使い終わったボトルをリサイクルすることが出来るようになっているみたいです。
今まではただ回収してもらっているだけでしたが、これからはリサイクルをして環境にも優しくできるんですね。
女性でも簡単にボトルをつぶすことが出来るようになっているから、すごく便利だし力もいりません。
美味しくて健康に良くリサイクルまで出来るなんて、一石三鳥みたいじゃないですか?


ウォーターサーバーの賞味期限について

実は、ウォーターサーバーのお水にも賞味期限と言うものがあるんですよ。
これは知らなかったという人も多いかもしれませんが、賞味期限があるので気を付けるようにしてもらえれば嬉しいです。
未開封のものなら半年から1年ほど保つことが出来ると言われていて、開封後だと約3週間だと言われているみたいです。
なので、震災時に備えて置きたいという人は、賞味期限が長いものを選んで備えるようにして下さいね。


お湯が使えるのが嬉しい

ウォーターサーバーはお水だけじゃなくて、お湯も使うことが出来るという所が嬉しいですよね。
いちいちお湯を沸かず必要もないですし、小さい子がいてもケガをしたりしないようになっているから、安心です。
また、コンパクトなウォーターサーバーがふえてきているので、置き場所に困ることもあまりないかも。

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment

ウォーターサーバーの水でよく見るバナジウムとは

ウォーターサーバーに用いられている水の価格は様々ですが、そのなかで比較的高価な水とされているのがバナジウム水です。この価格が高くとも大変人気のあるウォーターサーバーの水の一つです。


<ウォーターサーバーによく使われているバナジウム水とは>

バナジウム水が人気となったのは、バナジウムにインスリンの類似作用があるということがいわれ始めてからでした。
体にとって絶対に必要なミネラル成分ではありませんが、脂肪の燃焼を促す、血糖値の上昇を抑える、コレステロールを下げる、血圧の上昇を抑える、便通を良くする働きが期待できるのでは?といわれている成分です。
どの程度の有効性があるのかということに関しては、科学的な裏付けがしっかりあるわけではありませんので、民間療法的な話という域は出ていません、実感を感じている人も多いのでしょう。


<含有量と安全性>

微量ではこのように有効性を期待できるものではありますが、過剰摂取に危険があるのでは?という話もあります。
とはいえウォーターサーバーに用いられているバナジウム水の含有量では、有効性もどの程度あるのかわからないほど微量でありますので、安全であるとも言えます。
ましてや、人間の体は摂取量の5%程度しか取り込むことができませんので、ウォーターサーバーに用いられている水の程度では気にするほどでもありません。

Posted in ウォーターサーバーのコラム | Leave a comment